タミフルの副作用は安全?

一昔前に話題になったタミフルですが果たして副作用は本当にあるのか?あるならばどのような症状なのか?タミフルについて徹底的に解析していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

タミフルは安全なのか?

冬になると非常に気温が低くなり、人間の体温は低下していきます。
体温が一度でも下がると人間の免疫力や抵抗力は低下してしまいます。
そのため風邪や感染症に感染しやすくなります。
特に冬はインフルエンザウィルスが非常に流行します。
それは冬には空気が大変乾燥するからです。
インフルエンザに感染してしまうと高熱が出たり、下痢や嘔吐、頭痛、関節痛が見られるようになります。
熱は40度を超える高熱で、風邪よりも体は脱水してしまい非常に辛い思いをすることになります。
またインフルエンザは、一般の風邪薬では完治することができません。
インフルエンザにはウィルスの増殖を抑える専門の薬で治療しなければ完治できません。
その専門の薬とはタミフルと言うものです。
タミフルを飲めば一日でウィルスの増殖を押さえ、熱などの諸症状を緩和させることができます。
タミフルは水で飲むだけで非常に手軽で治療しやすい薬です。
しかし最近タミフルに副作用が見られました。
それはタミフルを飲んだ十代の青少年が幻覚を見て徘徊し、異常行動を起こすというものです。
そのため多くの人がこの薬は危険なのではないかと不安を抱きました。
しかしこうした異常行動の副作用が見られるのは十代の青少年のごく一部の人であり、ほとんどの世代でこうした副作用は確認できません。
また十代であっても親の監視のもとで服用すれば決して危険な薬ではありません。
タミフルは人によっては胃腸が荒れるものの重篤な副作用は見られず安全な薬であると言えます。
またタミフルは潜伏期間の48時間以内に服用することによって、様々な諸症状があらわれるのを抑えてくれます。
家族に感染者がいて、自分も感染の疑いがある場合はタミフルを飲むと良いでしょう。