一昔前に話題になったタミフルですが果たして副作用は本当にあるのか?あるならばどのような症状なのか?タミフルについて徹底的に解析していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

インフルエンザの潜伏期間と、タミフルの服用の間隔

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で起こる病気で、短期間で広がる流行性を持っています。潜伏期間も極めて短く、感染してから二、三日の潜伏期間を経て発症することが多いようです。ウイルスの増殖速度が極めて早いことが、潜伏期間を短くしているようです。そのため、インフルエンザに感染した場合、出来るだけ早く薬物治療を始めることが大切になります。
インフルエンザの治療によく用いられるタミフルは、インフルエンザウイルスを体内で増やさないようにする薬です。大人の場合、一日二回、一回カプセル一錠を三日から五日の間服用します。一日二回の服用なので、通常ならば朝と夕に服用すればよいのですが、症状を感じて病院に行き、薬を受け取るのが朝とは限りません。その場合はどのように服用すれば良いのでしょう。タミフルは発症から48時間以内に服用しなければ効果が薄くなります。そのため、薬を受け取ったら初回はすぐに服用することが推奨されています。昼に薬を受け取って、夕方まで服用を止めていては、その間どんどんウイルスが体内で増えてしまうからです。
その後二回目を飲むタイミングも悩みどころです。一日に二回飲む薬なので、十二時間の間隔をあけて二回目を翌日に飲んでいては、それだけウイルスに猶予を与えてしまいます。タミフルは、製造元による研究、開発段階で、三時間以上の間隔をあけて服用すれば、安全性は確保されていると明言されています。そのため、薬を受け取ったら、その日の分二回はその日のうちに飲んでしまうことが望ましいとされています。インフルエンザは非常に感染力の高い病気です。しっかり完治させなければ、感染を広めてしまうことになりかねません。そのため、薬を飲むタイミングや服用方法、時間間隔など、疑問に思うことは医師や薬剤師などに質問し、しっかり理解することが大切です。