一昔前に話題になったタミフルですが果たして副作用は本当にあるのか?あるならばどのような症状なのか?タミフルについて徹底的に解析していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

タミフルで幻覚症状は本当に出るの?

多くの人が冬になるとインフルエンザに感染します。
冬は気温が低く血流も悪くなるので体が冷え、体の免疫力、抵抗力が低下します。
それに空気が乾燥するためにインフルエンザが大増殖して、人間の体に侵入しやすくなり、肺の中で増殖を繰り返します。
インフルエンザに感染してしまうと一日から三日程度の潜伏期間を経て高熱や嘔吐、下痢、頭痛、関節痛に見舞われます。
大人であっても40度以上の熱が出て体の節々が痛くなるので仕事や家事に従事できなくなってしまいます。
そのためインフルエンザに感染したらすぐさま医師の診察を受けるべきだと言えます。
放置しているとウィルスはますます肺で増殖し、症状も悪化してしまいます。
悪化すると肺炎を併発したり、脳炎になってしまう可能性もあるので治療には一刻を争うと言って間違いではありません。
医師はインフルエンザ感染と判断すると、治療薬のタミフルを処方してくれます。
しかしこのタミフルで十代の青年が高所から飛び降り亡くなったこともあり、副作用が懸念されます。
実は十代の青少年にタミフルを処方すると、幻覚を見る人が稀にいることがわかっています。
幻覚はその後徘徊などの奇行をもたらし、異常行動が見られるので危険です。
しかしこうした異常行動は十代の青少年に見られるものであり、余り心配する必要はありません。
高齢者や子供、十代の青少年にタミフルを飲ませるときだけ、しっかり監視下におき服用させることが大事です。
しかしより安全にインフルエンザを治療したいのであれば吸入型の粉末薬のリレンザが良いでしょう。
最も大事なのは普段からインフルエンザなどに感染しない体作りをすることが大事です。
そしてシーズン前には必ず予防接種を受けたいものです。