一昔前に話題になったタミフルですが果たして副作用は本当にあるのか?あるならばどのような症状なのか?タミフルについて徹底的に解析していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

タミフルで治療し完治後の抗体反応は出ない

インフルエンザは日本では冬になると非常に流行するようになります。それは冬になると空気が非常に乾燥しウィルスが非常に増殖しやすくなるためです。しかしインフルエンザは空気感染ではなく、接触感染や飛沫感染が主な感染ルートになります。インフルエンザは感染者から発せられた咳やくしゃみ、鼻水が飛び、それを他者が吸いこむことによって感染してしまいます。飛沫によって肺に入り込んだインフルエンザウイルスはそこで大増殖をお越し、様々な症状がみられるようになります。40度以上の高熱が出るのは体がウィルスの侵入や増殖を何とか食い止めようとする抗体反応と言えます。また高熱による関節痛も激しく、頭痛や嘔吐、下痢なども見られるようになります。こうした症状が現れると、生活がままならなくなります。また体には大量のウイルスが存在するので飛沫によって他者に感染させないかも懸念されます。こうした場合は一刻も早く医療機関を訪れ、タミフルなどの治療薬をもらいウイルスの肺での増殖を食い止める必要があります。タミフルを飲めば三日も経たないうちに熱が下がり熱が出ないようになり、関節痛や頭痛などの諸症状も緩和されていきます。しかし完治するには一週間程度タミフルを飲み続ける必要があります。完治後の抗体反応は一切見られなくなり、日常生活に戻ることができます。完治後の抗体は体に残り、体がウイルスの型を記憶するようになります。すると再び同じウイルスが体内に侵入してきても過剰な抗体反応を起こさず熱や咳などが出ないようになります。翌年完治後の抗体はまだ体に残っており、また予防接種などを受けておくとさらに体はウイルスに強くなり、様々なウイルスの型を体が記憶することになるので過剰な抗体反応が見られず熱などが出ないようになります。