一昔前に話題になったタミフルですが果たして副作用は本当にあるのか?あるならばどのような症状なのか?タミフルについて徹底的に解析していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

タミフル服用中の飲酒や咳止め薬との併用

風邪と似たような症状が現れる病気にインフルエンザがあります。インフルエンザには高熱を発するという特徴があるので、高い熱がでたときにはインフルエンザの可能性を疑って医療機関での診察を受けることがより早い回復につながります。
インフルエンザであると診断された場合、成人であればインフルエンザの治療薬としてタミフルが処方されることになるはずです。タミフルはインフルエンザの治療薬ですが、未成年者が服用した場合、異常行動を起こす可能性があるため、現在では未成年者へのタミフルの処方は禁止されています。
風邪の症状でもある咳や発熱などの症状が現れた場合には、可能な限り速やかに医療機関で検査を受けることが大事だと前述しましたが、その理由は症状の悪化と共に全身の痛みや高熱、さらにはさまざまな合併症を発症する要因となってしまうためです。特に体力の衰えた高齢者の場合、肺炎や心不全などの合併症を引き起こすことも多く、最悪の場合生命に危険が及ぶこともあります。
そのため、インフルエンザに感染をしたと診断された場合には症状がさらに悪化してしまわないように、発症後の48時間以内にタミフルを服用するのことが重要になってきます。あまりにも咳がひどいようなときには咳止め薬の併用も可能ですが、薬の飲み合わせの問題もあるので、念のためにタミフルを処方した医師に相談をするようにしましょう。タミフルの服用によってインフルエンザウイルスの増殖が抑えられ、タミフルを服用しない場合と比較すると症状が改善されていく時間に大きな差が生まれます。
また、インフルエンザに感染をした場合に注意をしておきたいのが水分補給と飲酒についてです。高熱によって発汗をして脱水症状に陥りやすいのでこまめな水分補給は忘れないようにしましょう。ただし、飲酒は尿の排出を促す作用があり、飲酒は脱水症状をさらに促すことになるので厳禁です。