一昔前に話題になったタミフルですが果たして副作用は本当にあるのか?あるならばどのような症状なのか?タミフルについて徹底的に解析していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

三重県でのインフルエンザ検査方法とタミフルの処方

三重県は比較的温暖な気候が多い地域ですが、冬場は他の地域と同様にインフルエンザが流行します。三重県の病院でインフルエンザが疑われる場合は、検査方法として「迅速診断法」が行われるのが主流です。この「迅速診断法」という検査方法は、鼻の穴の奥に綿棒を突っ込み、インフルエンザウイルスの有無を調べる方法です。10分から15分程度で結果が分かり、高度な技術が不要で安価に行える検査方法なので、三重県内の多くで行われている検査方法です。
検査によってインフルエンザに感染していることが判明したら、専用の治療薬を処方してもらい症状の改善を図っていきます。
インフルエンザ治療薬としてこれまで最も利用されてきたのはタミフルという経口治療薬です。大量備蓄に向いており、誰でも利用しやすい経口薬なので世界中でタミフルが多く利用されています。
タミフルはインフルエンザ発症後48時間以内から服用をスタートし、体内のウイルスの活動が収まるまで最低でも5日間程度は継続して服用する事が推奨されています。
インフルエンザ治療薬にはタミフルの他にリレンザやイナビルといった種類がありますが、症状が重篤かしており治療薬を吸入するのが難しいという場合や、吸入を嫌がる小さな子供などの場合、タミフルを使うケースが多いと言えます。
しかしタミフルに耐性を持つインフルエンザウイルスが流行していたり、副作用で異常行動が報告されている事実もあるため、特に小児から10代の若い世代がタミフルを利用する場合には、保護者の目が届くところで服用させると安心でしょう。特に症状が重い最初の2日間程度は患者を一人にさせない心構えで看病にあたると安心してタミフルを服用させることが可能です。