一昔前に話題になったタミフルですが果たして副作用は本当にあるのか?あるならばどのような症状なのか?タミフルについて徹底的に解析していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

中小企業BCPでも取り上げられるタミフルの料金とは

従業員や顧客を沢山抱えている中小企業においては、事業を行なうにあたって、様々なリスクの存在が挙げられます。その一つに例えばインフルエンザが流行して、従業員や取引先等が感染して、それによって事業を継続できない状態になる可能性があることです。

特に資本力の乏しい中小企業においては、それが長期化すると経営を圧迫する事由にもなります。そこで、あらかじめそういったリスクが発生した緊急時に備えて、BCPという事業継続計画を定めておくことで対処するのが肝要です。

特にインフルエンザの流行に対してのBCPは、事業員の安全や顧客の信用、事業の早期復旧に対処するために必要となります。インフルエンザには、通常と新型の2種類のタイプがありますが共に急激に発病を伴うものです。

ただ新型の方が人への感染力が強い性質を持っており、人への感染力が強い分、大流行する可能性も高い特徴があります。インフルエンザ対策では、この感染力が高い新型タイプに焦点を絞る必要性があります。

なおインフルエンザの感染は、家庭や企業でも防止策をとることも可能で、手洗いやうがいなどの励行、マスクの着用、定期的な清掃・消毒、予防接種などです。ただ発症したケースには、タミフルというインフルエンザ治療薬の存在があり、料金も比較的に安価で手に入れることができる薬となるため、BCP策定の中でも備蓄しておくなどの対策をとることも可能です。

タミフルとは、ウイルスが人から人への感染する際に細胞レベルで糖たんぱく質である酵素が必要となるのですが、その酵素の発生を阻害させる形で働く薬です。調剤が必要な内服薬ですが、具体的な料金も1カプセル320円前後です。

またタミフルの服用は10日間ほど継続して使用する必要もありますが、料金も比較的に安い面と治療のみならず事前に予防策としても活用できる面もあるため、BCP策定でも検討しやすい対策の一つです。