一昔前に話題になったタミフルですが果たして副作用は本当にあるのか?あるならばどのような症状なのか?タミフルについて徹底的に解析していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

香港A型には湿度計で警戒しタミフルの服用を

日本の冬は非常にインフルエンザが流行します。
それは日本の冬は湿度が非常に低下して乾燥し、ウィルスにとって非常に増殖しやすい環境になるからです。
また外気の乾燥が促進すると人体も乾燥してきます。
鼻や口の粘膜が乾き、ウィルスが非常に侵入しやすい状態になります。
そのため冬は外気と人体がインフルエンザウィルスにとって非常に増殖しやすい状態であり、感染の大流行が見られるようになります。
インフルエンザにも様々な種類があり、そのなかでも毎年香港A型は日本で感染が見られます。
香港A型は乾燥した環境で特に感染が目立ち、インフルエンザのワクチンも必ず香港A型は含まれています。
香港A型の感染リスクは毎年高く、感染しないためには湿度計などを用いて室内の乾燥に警戒することが大事です。
湿度計で40パーセントを切る場合は感染リスクが高まるので、常に室内を50パーセント以上の湿度で維持することが大事です。
湿度計で60パーセント前後が感染リスクが低い環境とされています。
こうした湿度60パーセント前後にするには加湿器を用いるのが一番だと言えます。
しかしどれだけ室内湿度が高くても、自分の体が過労やストレスで疲れていると免疫力が低下してしまいます。
免疫力が低下していると空気の乾燥に関係なく、ウィルスの感染リスクを高めることになります。
身近に感染者がいて、自分も感染の可能性が高い場合は医療機関に相談しタミフルを処方してもらうと良いでしょう。
タミフルはインフルエンザの症状が出る潜伏期間に用いることもできます。
タミフルを潜伏期間の48時間以内に服用することで高熱や下痢、嘔吐などの諸症状を回避したり、症状を軽度にとどめることができます。