本気で勧めたいエンジニアスクール

プログラミングスクールの選び方

プログラミングは仕事に直接役立つスキルですが、日常生活で使う機会は少ないため、一歩足を踏み入れる前に外側かから内情が見えにくいのが特徴です。

またプログラミングや情報通信などのIT技術を表す言葉にドッグイヤーというものがあります。人間の平均寿命が80年・100年へと延びていく中で、犬の寿命は20年前後なので犬の1年は人間の5年に相当するという比喩があり、IT業界の技術も犬の年齢のようなスピードで進歩していることを指しています。プログラミングを専門的に学ぶなら、独学では最先端ではなく汎用化した技術を学ぶことになるので、スクールに通うのが効果的です。

スクールに通う場合、学べる言語の種類とカリキュラムの実用性を確認しておくと効果的です。プログラムは言語であると同時に実用的なツールなので、座学だけでなく実践によってスキルを磨くことができます。そのためには、可能であればスクールの体験入学を活用したり、体験を行っていない場合でもはじめは短期間のコースを受講して授業内容が自分に合っているかを確認しておくと有効です。

プログラミングのスキルは目に見える自分のアドバンテージですが、英語などの語学や他の勉強科目と違って、多くの人にとっては成人したり自分の意思で学ぼうと考えてから身に着けるものなので、スタート時点で他の人との差があまりありません。そこで基礎をスクールで身につければ、社会人としてのスタートで大きな一歩になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *