本気で勧めたいエンジニアスクール

プログラミングスクールの需要について

国内でのIT人口の減少は、国内でも大きな問題のひとつにっています。

その対策として政府が打ち出した政策が、2020年より小学校でのプログラミングの必修化です。小学生からITにふれることにより、ITに携わる人間を育てていこうというこの対策で、新たに需要がのびているのがプログラミングスクールです。今まで、大人のものと思われがちであったプログラミングですが、この度の小学校での必修化により、子供にむけてのプログラミング教室が増えています。

2020年以降はさらにスクールの数が増えていくと予想されます。その理由としては、小学生の親世代にとってプログラミングという専門性の高い内容について家庭で指導するということが難しくなる為、その役割をスクールに求めるという流れになることが予測されるからです。近年、小学生の宿題を親がみるというのが当たり前になってきている中、専門性の高いこの分野については専門家に頼るしかないということになるとすれば、その需要の高さは安易に想像ができます。

また、子供のスクールとは別に需要がでてくることが予測されるのが、小学校の教諭向けのスクールです。おそらく、子供にむけたものよりもまずこの先生向けの数の方が増えていくと思われます。教えられる子供は当然ですが、まずは教える側の体制を整えるのは急務といえます。いままでまったく知らなかった分野を子供に教えることになった先生自身の危機感は相当大きいことが考えられ、そのことは需要につながっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *